整形外科学

教授 :
   高橋 伸典
准教授 :
   森島 達観
准教授(特任) :
   池本 竜則
講師 :
   平澤 敦彦
助教 :
   小早川 恭介    髙田 琢也

※氏名は役職順の50音順で表示しています。
■ 著書
1. 森下侑亮 出家正隆:基本手術器具の使い方.関節外科 126-133.メジカルビュー社,東京,2022.4
2. 出家正隆 編集 土屋弘行 紺野慎一 田中康仁 田中栄 岩崎倫政 松田秀一:変形性膝関節症.今日の整形外科治療指針 811-815.医学書院,東京,2021.10
3. 出家正隆 編集 津村弘 三浦裕正 松田秀一 岡崎賢:膝蓋骨脱臼および膝蓋骨不安定症.膝関節外科学 319-327.南江堂,東京,2021.8
4. 出家正隆 編集近藤英司:有痛性分裂膝蓋骨.下肢のスポーツ外傷・障害 120-121.中山書店,東京,2021.7
5. 森島達観:「今月の海外文献」.整形外科Surgical Technique 128-130.メディカ出版,大阪,2021.1
全件表示(78件)
■ 学術論文
1. 岩堀 裕介, 花村 浩克, 梶田 幸宏, 伊藤 岳史, 山本 隆一郎, 伊藤 隆安, 原田 洋平:鏡視下Bankart修復術と直視下Bristow変法の複合法の臨床成績.肩関節 45(2):256-261, 2021.11
2. 林 憲斗, 河南 勝久, 印南 智弘, 出家 正隆:血管柄付き腓骨移植術後腐骨に対してMasquelet法を用いて脛骨再建した1症例.中部日本整形外科災害外科学会雑誌 64(6):773-774, 2021.11
3. 小島 昭司, 三井 裕人, 森島 達観, 印南 智弘, 出家 正隆:当院における貯血式自己血輸血の有効性.中部日本整形外科災害外科学会雑誌 64(6):785-786, 2021.11
4. 岩堀 裕介, 梶田 幸宏, 伊藤 岳史, 原田 洋平:肘関節拘縮に対する拡散型圧力波療法を併用した保存療法の治療成績.日本肘関節学会雑誌 28(2):176-179, 2021.11
5. 原田 洋平, 岩堀 裕介, 梶田 幸宏, 高橋 亮介, 安達 伸生:上腕骨小頭離断性骨軟骨炎に対する骨軟骨柱移植術後に小頭の著明な圧壊と関節症変化を来した2例.日本肘関節学会雑誌 28(2):97-101, 2021.11
全件表示(72件)
原著論文
1. Kajita Y, Iwahori Y, Harada Y, Takahashi R, Sagami R, Deie M.:Clinical outcome and repair integrity after arthroscopic full-thickness rotator cuff repair: Triple-row versus suture-bridge techniques.J Orthop Sci. :doi: 10.1016/j.jos.2022.05.011., 2022.6
2. Harada Y, Yokoya S, Sumimoto Y, Iwahori Y, Kajita Y, Deie M, Adachi N.:Prevalence of Rotator Cuff Tears Among Older Tennis Players and Its Impact on Clinical Findings and Shoulder Function.J Sport Rehabil. :doi: 10.1123/jsr., 2022.4
3. Yasuoka M, Kojima T, Waguri-Nagaya Y, Saito T, Takahashi N, Asai S, Sobue Y, Nishiume T, Suzuki M, Mitsui H, Kawaguchi Y, Kuroyanagi G, Kamiji K, Watanabe M, Suzuki S, Kondo K, Ojima T, Kojima M.:Impact of social support on severity of depressive symptoms by remission status in patients with rheumatoid arthritis.Mod Rheumatol. 32(3):528-533, 2022.4
4. Nakamae A, Sumen Y, Tsukisaka K, Deie M, Fujimoto E, Ishikawa M, Omoto T, Adachi N.:A larger side-to-side difference in anterior knee laxity increases the prevalence of medial and lateral meniscal injuries in patients with ACL injuries.Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 30(5):1560-1567, 2022.3
5. Hayashi K, Ikemoto T, Shiro Y, Arai YC, Marcuzzi A, Costa D, Wrigley PJ.:A Systematic Review of the Variation in Pain Catastrophizing Scale Reference Scores Based on Language Version and Country in Patients with Chronic Primary (Non-specific) Pain.Pain Ther. :doi: 10.1007/s40122-022-00390-0., 2022.3
全件表示(360件)
症例報告
1. 若尾 典充, 小藤 昌志, 竹内 幹伸, 神谷 光広, 平澤 敦彦, 河南 勝久, 松尾 俊宏, 出家 正隆:重粒子線治療後多彩な合併症を呈したC2脊索腫の1例.Journal of Spine Research 9(4):833-837, 2018.4
2. 伊藤 岳史(あさひ病院), 岩堀 裕介, 筒井 求, 梶田 幸宏, 花村 浩克:関節上腕靱帯上腕骨側剥離(HAGL)損傷の鏡視下修復術後に腋窩神経麻痺を生じた1例.肩関節 41(2):598-601, 2017.9
3. 松尾 俊宏, 河南 勝久, 高橋 恵美子, 原 一夫:臀部軟部腫瘍の1例.東海骨軟部腫瘍 28:27-28, 2017.9
4. 高橋 亮介, 赤尾 真知子, 松尾 俊宏, 出家 正隆:膝嵌頓症状をきたした色素性絨毛結節性滑膜炎の1例.中部日本整形外科災害外科学会雑誌 60(3):599-600, 2017.5
5. 梶田 幸宏, 岩堀 裕介, 出家 正隆:バレーボール選手の胸郭出口症候群に対し関節鏡補助下に第1肋骨切除術を施行した1例.日本整形外科スポーツ医学会雑誌 37(2):166-169, 2017.5
全件表示(85件)
図説
1. 山崎 豊弘:X線診断Q&A.整形外科 67:561-2, 2016
解説
1. 森下 侑亮(愛知医科大学 医学部整形外科学), 出家 正隆:【レジデントが知るべき整形外科基本手技】整形外科における基本手技 基本手術器具の使い方.関節外科 41:126-133, 2022.4
2. 梶田 幸宏(愛知医科大学 医学部整形外科):【見落としてはいけないスポーツ外傷・障害-ピットフォールに陥らないために-】柔道による胸鎖関節後方脱臼.臨床スポーツ医学 39(2):196-199, 2022.2
3. 赤尾 真知子(愛知医科大学 整形外科), 出家 正隆:【発育期遺残障害-遺残させない、見逃さない-】膝関節障害 円板状半月板 発育期での問題点.臨床スポーツ医学 38(10):1118-1121, 2021.10
4. 岡本 卓也(愛知医科大学運動療育センター), 石井 陽介, 出家 正隆:【期変形性膝関節症の診断と治療】早期変形性膝関節症の治療 装具療法.関節外科 40(7):728-734, 2021.7
5. 梶田 幸宏(杏嶺会一宮西病院 整形外科), 岩堀 裕介:投球障害肩に対する手術治療 関節窩骨軟骨障害.整形外科Surgical Technique 11(3):380-386, 2021.6
全件表示(26件)
総説
1. Ikemoto Tatsunori, Arai Young-Chang:Locomotive syndrome: clinical perspectives.Clinical interventions in aging 13:819-827, 2018.5
2. Ikemoto T, Miki K, Matsubara T, Wakao N.:Psychological treatment strategy for chronic low back pain.Spine Surg Relat Res. -(-):-, 2018
3. Hirasawa A, Wakao N, Kamiya M, Takeuchi M, Kawanami K, Murotani K, Matsuo T,Deie M.:The prevalence of diffuse idiopathic skeletal hyperostosis in Japan - the first report of measurement by CT and review of the literature.J Orthop Sci 21:287-90, 2016
4. 岩堀 裕介,辻野 昭人:【肩関節傷害 診療の真髄】 肩関節周辺神経障害 肩関節周辺神経障害の病態と治療.MEDICAL REHABILITATION 157:163-79, 2013
5. 岩堀裕介,辻野昭人:肩関節周辺神経障害の病態と治療.Monthly Book Medical Rehabilitation 157:163-79, 2013
全件表示(38件)
一般
1. 池本竜則:痛みの脳内での中枢機構.日本運動器疼痛学会誌 10(2):224-228, 2018
2. 池本竜則:痛みの脳内での中枢機構.日本運動器疼痛学会誌 10(2):224-228, 2018
3. 池本竜則:慢性運動器疼痛 慢性運動器疼痛治療薬を使いこなす匙加減の極意!―1)侵害受容性疼痛.薬局 69(12):3274-3279, 2018
4. 岩堀裕介:体操満載 肩こり・肩の痛み対策..きょうの健康4月号 349:50-65, 2017.3
Q&A
1. 神谷 光広:専門医試験をめざす症例問題トレーニング 外傷性疾患(スポーツ障害を含む).整形外科 67:1393-402, 2016
2. 廣瀬 士朗:【「これって私の施設だけ?」とギモンに思ったときに 整形外科のエビデンス55】 感染のエビデンス8 (No.5)術後、ガーゼ交換は感染のリスクがあるからと考えて、上からさらにガーゼを当てていく方法は正しいのでしょうか?.整形外科看護 20(8):776, 2015.8
3. 廣瀬 士朗:【人工関節置換術-最新の知見】 人工関節の臨床成績(中~長期含む) 股関節の人工関節 人工股関節全置換術寛骨臼側のセメントテクニックとその成績 第一世代~第四世代手技.別冊整形外科 (65):140-142, 2014.4
レター
1. Miki K, Ikemoto T, Hayashi K, Arai YC, Sekiguchi M, Shi K, Ushida T.:Reply to the letter to the editor by Toda.J Orthop Sci. -(-):-, 2018
2. Wakao N, Imagama S, Ito Z, Ando K, Hirano K, Tauchi R, Muramoto A, Matsui H, Matsumoto T, Matsuyama Y, Ishiguro N.(Department of Orthopedic Surgery,Nagoya University):Clinical outcome of treatments for spinal dural arteriovenous fistulas: results of multivariate analysis and review of the literature.Spine 37:482-8, 2012
1. 梶田 幸宏, 岩堀 裕介:【関節鏡(内視鏡)のエキスパートを目指そう】部位・分野別 肩関節.関節外科 39(11):1197-1204, 2020.11
2. 出家 正隆:【高齢者の疼痛管理と緩和ケア】高齢者の膝関節障害 保存療法及び低侵襲治療に関して.日本老年医学会雑誌 57(3):237-242, 2020.7
3. 浅枝 諒, 出家 正隆, 中前 敦雄, 安達 伸生:ACL再損傷予防をサイエンスする 動作解析からACL再損傷を予防する.日本臨床スポーツ医学会誌 28(2):253-255, 2020.4
4. 梶田 幸宏, 岩堀 裕介, 原田 洋平, 高橋 亮介, 出家 正隆:【鏡視下手術の進歩-小関節から脊椎まで】上腕骨近位端骨折に対する関節鏡の応用.別冊整形外科 (77):80-86, 2020.4
5. 池本 竜則:オピオイド依存治療の難しさ 海外の痛みセンターでの経験を踏まえて.ペインクリニック 40(4):523-528, 2019.4
全件表示(10件)
その他
1. 池本 竜則:こうすれば解決!?コモンディジーズ コモンディジーズ・腰痛の治療戦略.Journal of Musculoskeletal Pain Research 11(2):157-162, 2019.6
2. Takahashi Ryosuke, Iwahori Yusuke, Kajita Yukihiro, Harada Yohei, Muramatsu Yoshitaka, Ikemoto Tatsunori, Deie Masataka:Clinical Results and Complications of Shoulder Manipulation under Ultrasound-Guided Cervical Nerve Root Block for Frozen Shoulder: A Retrospective Observational Study.Pain and therapy 8(1):111-120, 2019.6
3. Asaeda Makoto, Deie Masataka, Kono Yoshifumi, Mikami Yukio, Kimura Hiroaki, Adachi Nobuo:The relationship between knee muscle strength and knee biomechanics during running at 6 and 12 months after anterior cruciate ligament reconstruction.Asia-Pacific journal of sports medicine, arthroscopy, rehabilitation and technology 16:14-18, 2019.4
4. Takadama Shunsuke, Yamagishi Yuka, Nakaminami Hidemasa, Morishima Takkan, Deie Masataka, Mikamo Hiroshige, Noguchi Norihisa:A case of acute septic arthritis of the hip joint caused by Panton-Valentine leukocidin-positive ST772 community-acquired methicillin-resistant Staphylococcus aureus.Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy 25(3):212-214, 2019.3
5. Kuwahara Wataru, Kurumadani Hiroshi, Tanaka Nobuhiro, Nakanishi Kazuyoshi, Nakamura Haruka, Ishii Yosuke, Ueda Akio, Deie Masataka, Adachi Nobuo, Sunagawa Toru:Correlation between spinal and pelvic movements during gait and aggravation of low back pain by gait loading in lumbar spinal stenosis patients.Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association 24(2):207-213, 2019.3
全件表示(10件)
■ 学会発表
国際学会及び海外の学会
1. Masataka DEIE.Immature patellar dislocation How to treat.ISAKOS 2021 Global 2021.11 WEB
2. 出家正隆.変形性膝関節症に対する保存療法について.第93回日本整形外科学会学術総会 2021.5 東京
3. Masataka DEIE.Distraction artheoplasty.KSSTA2021 2021.5 WEB Milano
4. Masataka Deie.Distraction Arthroplasty in OA.AKAT Meeting 2019 2019.10 シンガポール
5. Yohei H,Junidhiro Z,Daisuke D,Hideaki I, Junji H,Yukihiro K,Yusuke I,Masataka D.Physical and ultrasonographic examinations of senior tennis players.2019World congress of Tennis Medicine and Sports Science 2019.10 Sweden
全件表示(77件)
全国規模の学会
1. 池本竜則.慢性疼痛患者における NSAIDs に対するオープンラベルプラセボのランダム化.日本整形外科学会学術集会 2023.5 横浜
2. 高橋伸典.血友病性関節症診療の現状と課題.日本整形外科学会学術総会 2023.5 横浜
3. 平澤敦彦.骨粗鬆症治療薬投与時のビタミン K 製剤の必要性の検討.日本整形外科学会学術集会 2023.5 横浜
4. 森島達観.人工股関節全置換術における各種アプローチの利点と欠点.大49回日本股関節学会学術集会 2022.10 山形
5. 池本竜則 小島昭司 山梨裕貴 出家正隆 高橋伸典.免疫調整薬による変形性膝関節症の重症化予防効果の検証.日本整形外科学会基礎学術集会 2022.10 宮崎
全件表示(562件)
地方会
1. 小島昭司 池本竜則 平澤敦彦 高橋伸典.慢性腰痛患者の疼痛部位・疼痛強度再現性の検討.第139回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 2022.10 大阪
2. 三井裕人 三井忠夫 池本竜則 高橋伸典.生物学的製剤からバリシチニブへスイッチした関節リウマチ症例の治療効果の検討.第33回中部リウマチ学会 2022.9 岐阜
3. 梶田幸宏.肩鎖関節部に発生した巨大ガングリオンに対し鏡視下鎖骨遠位端切除術・ガングリオン搔爬術を施行した4例.第257回 整形外科集談会 東海地方会 2021.12 名古屋
4. 山梨裕貴、山本絋司、赤尾真知子、加藤智弘、高田琢也、小早川恭介、出家正隆.陳旧性大腿四頭筋腱断裂に対する当院における手術方法.第137回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 2021.10 WEB
5. 加藤 智弘(愛知医科大学 整形外科), 赤尾 真知子, 高田 琢也, 小早川 恭介, 山梨 裕貴, 出家 正隆.皮膚潰瘍を伴い関節脱臼のある重度外反母趾変形に対し、中足骨短縮及び第1足根中足関節固定を行なった1例.中部日本整形外科災害外科学会 2021.10 WEB